Holiday From Real

ぽけもん

ガルクレセゴーリ展開 【SMシングルS6】

シーズン6に使用した構築になります。
胸を張れるような内容がありませんが、記録として更新。

最高/最終2006です。

概要

f:id:nkknkkrgrl:20171117102305p:plain

f:id:nkknkkrgrl:20170321174734p:plainメガガルーラ@メガストーン
ひみつのちから/シャドークロー/グロウパンチ/がんせきふうじ
209-147-121-*-122-167
陽気 H228 A12 B4 D12 S252
S 最速
BD ダウンロード意識
HB A200ガブの逆鱗Zを 15/16耐え (178~210) 水準
HD C147コケコのEF10万Zを 15/16耐え (178~210) 水準
A 余り

f:id:nkknkkrgrl:20171103081614p:plainクレセリアゴツゴツメット
サイコキネシス/でんじは/みかづきのまい/つきのひかり
227-*-189-95-151-105
図太い HBぶっぱ余りD

f:id:nkknkkrgrl:20170714132445p:plainオニゴーリ@たべのこし
フリーズドライ/じしん/まもる/みがわり
161-111-90-116-101-145
せっかち H44 A84 C124 D4 S252
S 最速
A H165-B102/H167-B101メガゲンガーを[+2]地震で 15/16
C H170-D111メガマンダをフリドラで 15/16
H 16n+1
HD C195アシレのアリアで 99〜117 = 身代わり後耐え

f:id:nkknkkrgrl:20170914225030p:plainポリゴンZ@ノーマルZ
10まんボルト/れいとうビーム/テクスチャー/じこさいせい
161-*-133-160-96-138
図太い H4 B244 C36 D4 S220
S [+1]で最速135族+2(、準速85族抜き、最速70族+4)
C [+1]10万でH131-D125ミミを 確定 (132~156)
B 余り

f:id:nkknkkrgrl:20170714132546p:plainゲッコウガきあいのタスキ
れいとうビーム/みずしゅりけん/がんせきふうじ/ちょうはつ
147-116-78-155-91-191
せっかち CSぶっぱ余りA

f:id:nkknkkrgrl:20171103081537p:plainバシャーモ@ジメンZ
かえんほうしゃ/めざめるパワー(氷)/じしん/ふるいたてる
169-172-93-135-81-127
やんちゃ H108 A132 B20 C36 S212 ※王冠
A [+1]地震ZでH157-B224ドヒドを 確定
HB A116グライの地震を 耐え (140~168)
C [+1]めざ氷でH170-D111メガマンダを 15/16 (168~200) 程度
S 最速カグヤ+3、[+1]で190 = 最速メガマンダ抜き

経緯

f:id:nkknkkrgrl:20170321174734p:plainf:id:nkknkkrgrl:20171103081614p:plainf:id:nkknkkrgrl:20170714132445p:plain最速2100の方がガルクレセゴーリらしいとの噂を聞いていたのと、また別の方が「ガルクレセゴーリはあらゆる相手に選出できる」という旨のツイートをしていたことから、その枠組みを借りるところからスタート。
f:id:nkknkkrgrl:20170914225030p:plain最初に簡単に回してみたところ相手のミミッキュや鋼が厳しく、動きを工夫するほかに選出時点で耐性のある展開を用意したいと感じたため、再生持ちBSベースのポリゴンZを採用。
f:id:nkknkkrgrl:20170714132546p:plainまた、ガルーラに相手の展開を防ぐ能力が無いことやジャローダなどの危険な初手対面があるため、展開阻害・S操作能力を持ち相手を倒す能力もある挑発・岩石封じ持ち襷ゲッコウガを採用。
f:id:nkknkkrgrl:20171103081537p:plain最後に、特定の並びを崩す駒 兼 相手選出への利かしとしてバシャーモを採用。


最初に先人の記事にてガルクレセゴーリの枠組みを調べたとき、正統派「ガルクレセ」にオニゴーリを組み込むかたちがメジャーに感じた。しかし、特にクレセリアというポケモンが色々と難しく、「ガルクレセ」の派生型として組んでプレイするのは自分には無理だと感じたため、ポリゴンZを採用するなど展開色の強いかたちに寄せた。

個別

f:id:nkknkkrgrl:20170321174734p:plainf:id:nkknkkrgrl:20171103081614p:plainf:id:nkknkkrgrl:20170714132445p:plainガルクレセゴーリ
個人的には、「ガルクレセ」+ゴーリというよりかは、「一旦引けるオニゴーリ展開」の引き先クレセリア、+相性が悪くないガルーラという観点でみていた。

ただ、ガルーラもクレセリアもそういった指向に適するかはとても自信が持てず、特にクレセリアについては、・ミミッキュに弱い、・出したい相手の少なくない型から崩しを食らいがち、・高頻度で釣りを食らう、など引き先としてあまり嬉しくない特徴がありモヤモヤしながら使っていた。
とはいえ、考えてもより適切な駒は考えつかず満足解として使い続けていた。

f:id:nkknkkrgrl:20170321174734p:plainガルーラ
上からの高火力に対し行動を確保するためのH振り+特に相手の死に出しに対し上から行動する選択肢を持ちやすい最速、といった行動確保最優先のHSベース。
ミミッキュの処理ルートを増やすシャドクロ採用。

f:id:nkknkkrgrl:20170714132445p:plainオニゴーリ
地震採用型。一応、他駒とのダメージを併せて眼前のキツい相手を速やかに突破し得たり、零度型の多いミラーにやや強いのを評価。
正直なところ、場合分けが複雑で各技構成の正しい優劣は判断できていない。

f:id:nkknkkrgrl:20170914225030p:plainポリゴンZ
オニゴーリの裏として相性は良かったと思うが、明確に止まる相手がいるため選出画面でどっちも怪しい状態にはなりやすかった。

f:id:nkknkkrgrl:20171103081537p:plainバシャーモ
特殊な型なのに勝率に全然貢献しなかった枠。失敗。

反省

シーズンが終わりサンムーン集大成となる今季の様々な構築記事の思考を見ていると、自分は何も考えていないも同然であったと思い知らされました。

稲妻のような感銘を受けたとある方のつぶやきを引用

構築が手元にないから闇を見せます!wとか言って全く練られてない適当な運ゲ構築使ってる奴 お前が見せてるのは闇じゃなくて醜態だぞ

このツイート自体は誰か個人に宛てたわけではないと思いますが、こうして振り返ると相当自分に効いちゃう内容です。
ちゃんと胸を張ってこれだけ練ったと言える構築をつくりたい。


サンムーンお疲れ様でした。
また、ご対戦いただいた方におきましてはありがとうございました。
f:id:nkknkkrgrl:20171117114040p:plain


ここまでお読みいただいて大変ありがとうございました。