Holiday From Real

ぽけもん

【日記】竜王戦予選使用構築メモ

竜王戦使用構築の記事になります。
良い結果が残っているものでなく、日記・メモの類。

竜王戦……シングルバトル公式大会。2017/12/1から12/4朝にかけて予選インターネット大会開催。レギュレーションは簡単に言えば伝説(幻除く)1匹ありシングル

自分が弱すぎたのが悔しかったけれど、伝説戦は新鮮でとても楽しかった。

構築

f:id:nkknkkrgrl:20171204201023p:plain

ゲッコウガの枠は、本番まで地面で考えていたが直前に変更


ゲンシカイオーガ軸。
ゲンシカイオーガはトリルが無くても戦い得る性能があり、トリル展開は必須でない。

伝説枠としてのゲンシカイオーガの選定理由は、トンデモ火力とトリックルームを合わせた制圧力の高さと、スカーフカイオーガという強力な型が並立している選出圧力に魅力を感じたため。


対電気

【机上論】
このルールにおける電気はタイプとして主要伝説に強くないことから入る駒は限られており、いる場合には基本的にフェアリーを兼ねるコケコで持ち物はフェアリーZかカプZ。
・C147コケコEF10万でD160カイオーガに 140~168
・同 D180ゲンシオーガに 126~150
耐久無振り (H175) だったとしても確定を取れず、カイオーガ側からの攻撃を耐えない。
スカーフカイオーガの存在を考えると、相手視点の選出画面においてコケコのカイオーガへの遂行方法は限定されるため、必ずしもコケコを重く考える必要は無い。

【現実】
電気Z、襷のコケコや霊獣ボルトロスに沢山当たるし、(クチート入りな上に全体的に低速なので全く文句は言えないけれど)スカーフカイオーガを完全に切った選出を普通にされるしでつらかった;;
振り返れば、シングルレートのメジャーなポケモンが来るだけでつらい時点で話にならないのだけれど。


考察環境に依存した諸々のせいで簡単に負ける対戦もありつつ、普通に負ける元々の弱さもあってといった感じで散々。
こういう限定された状況で優れた構築を用意して正しいプレイングができる人の凄さと、自分の至らなさを改めて認識。

伝説戦備忘録

いつかの機会のためにメモ